Hiromi & Matthew

Hiromi Kawahara (河原弘美)

English Uplift代表。

東京都出身。東京都在住。

 

大手金融機関、大手IT会社でのニューヨーク、ロンドンでの勤務経験を持ち、仕事でアメリカ英語、イギリス英語に触れる。

その後、海外の小中高校で日本語を学ぶ子供たちがいることを知り、日本語教師になることを決意。英国にて日本語教師の資格を取得。英国、韓国、オーストラリアで日本語の指導経験を積む。

英国ケンブリッジ大学で開催された児童英語教育セミナーに参加したことで、児童英語教育に興味を持ち、児童英語講師となる。

 ・英語をシャワーのように聞かせることを重視した指導

 ・使わない英語を日本語で教えるレッスン

 ・先生だけが英語を話し、生徒は日本語ばかり話しているレッスン

 ・可視化できる成績や試験を重視した英会話教室

これらに違和感を持ち、海外での日本語教師の経験をもとに、外国語としての

言語習得法を日本での英語教育に反映させた指導を行うようになる。

 

2002年、幼稚園や小学校での英語教育現場での実績経験とノウハウが評価され、民間人として初めて、教育特区下の荒川区教育委員会付英語教育アドバイザーに

なる。担当研究校で、1年生から6年生までの教科としてのカリキュラム、レッスンプラン、授業講評、教員研修を行い、区内全小学校への一斉研修も務める。

担当研究校で当時ALTであったMatthewと運命的な出逢いをする。

その後、9教育委員会主催の研修、公立小学校外国語活動部会、校内研修の講師として318校の小学校と関わる経験を持つ。

アプリコット出版株式会社の専属英語教育アドバイザーとして、教材開発、制作、執筆、民間の児童英語講師を対象に、教材活用のセミナーやワークショップを

全国的に行う。

 

2018年、次世代に必要とされる教育要素である4つのCを取り入れた「次世代型こども英語教育」を提唱、講師トレーニングプログラムを作り、パートナーであるMatthew de Wildeと共に「次世代型こども英語講師養成講座0期」を開講。

 コーチング、ティーチング、ファシリテーティングができる輝く児童英語講師を

育成。4期からは、6C教育を目指した指導の実現に力を入れ、現在に至る。

 

Postgraduate Diploma in TJFL/Certificate in TESOL/Certificate in TEYL/Certificate in TEFL/

信州小学校英語指導力検定 他


Matthew de Wilde

次世代型こども英語講師 / English Uplift Program producer&trainer

Australian,resident of Japan since 1994,currently lives in Tokyo.

 

I began teaching soon after arriving in Japan from Australia in 1994.

My interest in this field deepened the following year in a small Eikaiwa in

Tokyo’s Sumida-ku.My co-workers and I bonded to from a team of teachers

who supported each other, observed each other’s lessons and shared ideas. 

I became the curriculum designer and eventually the teacher for Tokyo’s first public elementary school English programs. I continued developing my teaching in this environment for 11 years. It was during this time that my colleague Ron Martin and I first hit upon the notion of “Non-Target English” which English Uplift later called the Non-Target English Approach®︎. 

 

My partnership with Hiromi began when we found ourselves working together at a pilot school in Tokyo’s Arakawa Ward. The similarities in our thinking towards student output, student creativity, student-centered learning, critical thinking, and self-esteem, as well as many other aspects of education, surprised even us. In 2006 I became a full-time teacher at a Tokyo preschool, teaching a daily class of 3~6 year olds, as well as after-school classes for elementary school kids. I was, by this time, an experienced presenter at major and local teacher development workshops and seminars, and I became a regular and popular presenter at APRICOT PUBLISHING’s Learning World Workshops. Workshop participants often expressed surprise at video footage of my classes, showing so many of my students, even those who attend classes just once a week, communicating in English so naturally. I also contributed ideas to APRICOT PUBLISHING’s and SANSEIDO’s teaching materials.

 

The interest throughout Japan in the Non-Target English Approach®︎,and a 

desire among the country’s English teachers to make changes to their

teaching in ways that have students feel success in genuinely using English

led to me formalizing my partnership with Hiromi in English Uplift.

I currently represent English Uplift in my role as Director of Bright Up

English Immersion Preschool in Tokyo.

 

My partnership with Hiromi continues supporting teachers’ ongoing

development for the benefit of students' future.

 

Bachelor of Music Education/Diploma in TESOL/Certificate in TESL Introductory/

信州小学校英語指導力検定 ect